プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格と学校の相性に要注意ですね

昨日娘に、「レベルの高い高校に入れても下クラスで頑張るか、それなりの高校で上位クラスに入るのとどっちがいい」って聞いてみると、「私はプライドがあるから下クラスだったら全てにやる気がなくなって自分が発揮できないと思う。」と言っていました。

息子は他人との位置や人の目を全く気にしないので、難関校の中で下クラスでも特に腐ることもなく淡々とそれなりに過ごしていました。息子がもしそれなりの高校に行っても1番なんか取ることもなく“それなり”の位置にいて、絶対に医学部合格などあり得なかっと思います。
難関校は授業自体のレベルが高く、授業をまじめに聞いていさえすればそこそこの学力もつき、追い込みも可能だと思います。

娘は息子ほどの学力が必要な学部を希望しているわけではありませんし、勉強以外に打ち込めるものが多岐にわたってあり、充実した青春を謳歌していると思うので今の状態で十分ではないかと思っています。
また、それなりの高校であっても、上位クラスにいれば内申点を稼ぐことが出来、地方の国公立大学のAO入試や最難関でなければ私立の推薦枠もゲット可能だと思います。(勿論医学部は論外ですが・・・)
知り合いの息子さんもごく平凡(失礼ですが)な私立高校から国立大学にAO入試で合格されました。

本人の希望やモチベーションも重要ですが、子供のことを一番わかっているはずの親が、

“どのような学校が自分の子供に合っているのか、大学受験に有利に働くのか”

よく考えてから、子供がそこを受けたくなるように誘導しなくてはいけないと思います。

“自分で選んだ・自己責任”を持たせないとやる気も出ませんし、逆切れされても大変ですから
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

娘の高校受験、合格発表

結果は

不合格  でした涙

私は怖くてゆっくり歩いていきました。
先に会場についている夫は、ベンチに座ってタバコを吸っていました。
背中が泣いていました。

あぁ、だめだったんだな・・・

遠目から番号が見えました。
娘の番号はありませんでした。

今からくる娘・・・、どのように声をかけたらいいのか・・・辛い顔・・・

娘が到着するまでの30分、2人で黙りこくっていました。

娘を見かけたとき、おもわず隠れてしまいました。
友達から預かったおまもりを握り締めていました。
番号がないこととほぼ同時に私たちに気がつきました。

おもわず駆け寄って抱き合って泣きました。ほんの少しの間だけ・・・

そのあと娘は一人で帰るといって歩き出しました。
歩きながら、担任の先生や友人に報告していました。

私たちは静かに娘の少し後ろを歩いて駅に向かいました。

娘は駅で待っていました。
一瞬父親と肩を抱き合ったあとはいつもの娘に戻っていました。

「番号がなかった瞬間は悲しかったけど、そのあとからは怒りが込み上げてきて、なんで私を落とした怒絶対に思い知らせてやるbikkuri01って気持ちでいっぱい」
と怒っていました。

帰ってゆっくりするのかな、と思っていましたが、塾の先生に呼び出され面接を受け、その後友達と遊び、さらに塾の授業を受けて22時頃まで出歩いていました。

塾の先生、学校の先生からも心配して電話がかかってきましたが、通常通り授業まで受けているのを聞いて「さすがやな~」と笑われてしまいました。

塾の先生との面接の際、先生が泣いていたと聞きました。勿論テクニックでもあるのかも知れませんがうれしかったようです。そこでも悔しくて涙が出る、見返してやるといったようで、大学合格したら必ず連絡してこいよと言って頂いたようです。

親として、日が経つにつれ少しずつ受け入れられてきたかなとは思います。

「縁がなかった」

んだと思います。

今までもいくつか辛いことはありました。大きな災難にも会い、多額の負債も抱えました。
でも、あとで思い返すとそれなりに自分の糧になってきたと思えることができるものでした。

私たち夫婦は特に信仰している宗教はありません。
亡くなったお互いの親が見守っていてくれていると固く信じています。

良くないことが起こったとしても、それは意図的に私たちを守るために起こっていることだと思えるようになってきました。

今回のことも必ず後になってみるとこれでよかったね、と思えるようになると信じています。

そのためには勿論前向きに努力していく必要はありますが・・・

難関校の受験を決め、受験が近づくにつれ、長い・出口の見えないトンネルを歩いているような日々でした。
不合格で崖から突き落とされたような気持ちになりましたが、少しずつ這い上がっている感じです。
娘なら、公立高校に行っても前向きに有意義な楽しい高校生活を送ってくれることと信じています。

同じように受験校に縁がなかった方も一緒に前を向いて進んでいきましょうひよこ

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

娘の高校受験当日

先日娘の国立大学附属高校受験がありました。
ペーパーテストは、できたのかできなかったのかよくわからないけど、とりあえず埋めた汗;
面接はそれなりにしのいだ、という反応でした。手ごたえがあるのかないのか・・・
本人の表情は「おわった~うふ」って感じで晴れ晴れしていました。
発表までは友だちと遊びまくり、発表当日も登校し、早退をして一人で見に行くと決めていました。親は2人で見に行くことにしました。
結果のメールはしないで・不合格なら一人で帰るから
と約束させられました。
なぜなら、おやじの落ち込みが激しいのをわかっていて、「親父の感情に巻き込まれて、ゆっくり悲しめないからorz」といわれました。

手ごたえがあるのかないのか、娘の本意が読めない汗とか
不合格のことも考えて心の準備をしていかなければいけないと話をしていきました。

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

高校受験前の心境は

国立大学付属高校の受験票が届きました。受験番号2番です。まだ、ホームページに出願状況が掲載されていないので受験者数がわかりません。

候補に上げたほかの付属高校は途中経過の出願状況が掲載されており、かなり倍率が低い様子でした。

そのことを娘に伝えると、それこそ「そんなの関係ない!」と一笑されましたスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

すらいむ受験者数(倍率)はまったく興味ない。1人落ちようが10人落ちようが同じだし、もし定員割れだとしても能力がないと思われれば落とされるので同じだと思う。
すらいむいまから出願しなおせるとしてもしないよ、行きたい学校はもう決まっているから。
すらいむ受験番号2番?1番がよかったかもね。面接一番でも緊張しないよ。ぶっつけ本番よ。

なんと、男っぷりのよい答えなんでしょうアップロードファイル

戦う相手は、
「人数や倍率じゃなく最終的には自分」だと言い切られました。

おろおろしているばかりの馬鹿親に反して、我が子とは思えないような冷静さlatte

受験まで2週間前後、学校を休んで塾に行っているクラスメイトもちらほらいるようです。
そのような体制をとっている塾に憤りを感じ、また従っているクラスメイトに対しては、「そんなことしたら余計自分を追い詰めるし、がちがちになるわ。まあ、そんなことする子らは親からのプレッシャーがものすごいらしいから、かわいそうといえばかわいそうやね。」と話していました。
そんな娘は、相変わらず、ハチクロやボンビーメン、はては、録画した喜多善男まで観て速攻で寝ていましたなみだ

  尊敬している娘ではありますが、しかし、本当にこんな状態で受験日を迎えていいのだろうか・・・疑問ですARIA-藍華

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

娘の国立附属高校受験:追い込み

我が家のある地域から、受験することが可能な国立附属高校は複数校あります。

受験の内容は、いずれも国語・英語・数学・理科・社会の5教科と面接です。
ただし、配点が大きく異なるようです。
当日の5教科の点数が大きく配点される学校と面接や内申を重要視する学校があります。

競争率は、1.1~約2倍とばらつきがあります。
競争率が低い高校のほうが、成績重視なので、受験校決定の際には親としてはかなり悩みました。
1校は、合格の基準を明確に打ち出しており、5教科合計○○○点・内申○○点と当日の成績重視
別の1校は、同じく当日の5教科の合計点と、面接・内申・その他を総合的に判断、とあります。
こちらの説明会の際、「採点の配分を教えてほしい」と質問がありましたが、あくまでも総合的にですと答えられていました。受験対策のとりにくい高校と評判の訳ですひよこ

成績が全くとどいていない娘にとっては、こちらのほうが少しは有利かと思いますが、いかんせん倍率が高めなのが難点です泣き顔

最終的には学校説明会や文化祭に参加してみて、本人が*高校に決めました。
学生が行事を作り上げていくところや自由な校風などは、いづれの附属高校も同じだと思いますが、本人の感じるところが違ったようです。

教育方針や、学校の特徴などは、ホームページや作成物で公開されていますが、やはり実際に学校に訪問して本人が「ここに行きたい」と感じることが大切だとおもいます。

後々の、辛い受験勉強を乗り切るためのモチベーションのためにも大切だと思います。

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。