プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ屋敷でした!

息子のマンションに旅行を兼ね、家族総出で出かけました。

想像はしていましたが、とんでもなく汚い部屋になっていました

トイレや洗面所などの水回りは、カビや水垢でドロドロ~
おまけに「全自動洗濯機が壊れているみたい~」というので確認したところ、ただ単にごみが詰まって排水できなくなっているだけ。

台所も酸っぱい臭い充満で何度磨いたことか・・・

夫は「買い物行ってくる」と言って逃亡手書き風シリーズ42車
自宅では自分の部屋すら掃除しない娘でさえ、「気持ち悪すぎて座れない」ブーブー文句を言いながらも息子に指示しながら必死になって手伝ってくれました。

夕方にはすっかり片付き、ゆっくり夕食をとることができました。

約5カ月ぶりに会った息子はさらに痩せて、娘の大きめのGパンが履けるくらいでした

もともと好きなおかずだったら2合くらい食べるけど、嫌いなおかずや温めて食べてと置いていても殆ど食べない感じでした。
臨床医になるんだったら、“食べられるときに食べられるだけ”食べておかないと、次いつ食べられるかわからないのに。基礎体力をつけておかないと持たないよとは言いましたが、どこまで伝わっているのやら・・・


いろんな意味で全然親を安心させてくれない愚息アップロードファイル

勿論自分の子供なので溺愛しているっていうくらいカワイイのですが、いつまで面倒見ないといけないのかと思うと不安になります。

いろんな意味で不足しているものの多い息子なので、やはり医師免許だけは絶対に取得してほしい。

ただ、冷静な目で見ると“こんな奴が人の生死や人生に責任持って関与できるのか”と不安いっぱいですが、その辺はこれからの実習や研修期間にしごかれたら変わってくれると信じたいと思います汗
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

やっぱりだめでした・・・

4月1日から授業があるからと言われ、3月末に戻って行った息子でしたが、案の定「進級できなかった 」とのショートメール一つでの報告。心配より先に腹が立って仕方がありませんでした。

3月に帰省している時には既に分かっていたはずなのに、面と向かっては言えなかったこと
親に対する謝罪がないこと(言い換えれば感謝の気持ちがないこと)

精神的に幼稚であることを差し引いても許せません。

とはいえ、責めたところでどうなることでもなく、これからを具体的に考えなければなりません。
結局、夫が出向いて行くことになりました汗;
勿論、奨学金は打ち切りでした。
ネット上で調べたなかには同じ学年は2回までしかできない医学部があるという情報がいくつかあり、「このままだったら放校」と悩みましたが、それはないとのこと。一安心です。

ちなみに、今回は1割の同級生が留年したそうです。2年から3年への進級時に、成績や態度に問題のある生徒は「こらしめる」意味もあって、留年させる学校は多いとはネットにもありました。

確かに、下から数えて何番かでぎりぎり合格させていただいたラッキーなだけの息子には、いい薬にはなったことでしょう。

先ほど居酒屋の夫と息子から電話がありました。
これからについて真剣に話し合った事、この1年を無駄にしないこと、これに懲りて真面目に勉強して2度と留年しないようにすること(可能だろうか・・)などを話していました。

私も今回ばかりは厳しく言いたいことを言いました。一応神妙には聞いていましたが、昔から同じような反省した態度をとっていても同じことを繰り返してきた息子なので、話半分ですが

まあ、今まで勉強も先生も軽く見ていたので、少しはいい薬になったと思うようにします。
コミュニケーションをとることが苦手なことは本人も自覚しており、時間ができた分真面目な接客のアルバイトにチャレンジしてみようかなとは言っていました。

学校によっては成績や進級の通知があるところもあるようですが、何一つ通知がなく、本人が言わなかったらわからないという危うさも知りました。
学生とはいえ成人であり、自己責任から成り立っているのですよね。

いろいろ勉強になりました。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

進級はどうなったんだ???

息子が10日間の予定で帰省しています。

今に至っても「進級できているかわからない。でも4月1日から授業があるから戻るわ。」とはぐらかされていますjumee☆whyL

他の人に言わせると、落第してるの言いにくいから引き延ばしているんじゃないって言われるし・・・

まあ実際そうなんだろうなぁ汗とか
私自体が大学に行っていないのでわからないですし、でも私学の子供を持っている人は「成績表は送られてくるよ。」って言っているし。
だからといって、親が大学に電話するのはバカ親っぽくて・・・
どちらにしても受け入れるしかないので、まっときます。


先日娘がある賞を頂き、市長さんたちと会食をする名誉に選ばれました。父兄同伴だったのですが、私が仕事でかなわず、娘の意向もあって父親でなく、息子が代理で参加しました。

堅苦しいレセプションで、スピーチさせられたり、円卓でフルコースを食べたりと“チョー疲れたがっくり”らしいですが、いい経験になったことでしょう。




留年なのでしょうか???

仕事上の精神的落ち込みが激しく、なかなかブログに気持ちが行き着きませんでした

でもそんな時こそ本当は、自分の気持ちをぶつける場でないといけないんですよね。

女の40代は本当につらいよって教えてくれた先輩主婦の気持ちが痛いほどわかる今日この頃です・・・

息子からも、「進級やばいかも汗;」っていう音信不通の上の短い1通のメール

ふざけるな~~~&大丈夫か~~~

知っているだろうが、我が家の経済状態


でも、気持ち切り替えます。

辞めずにとりあえず卒業して、免許取ってくれたら

仕事ももう少し続けられて、とりあえず娘の大学合格までこぎ着けられたら

あとは野となれ山となれ。夫婦二人草を食ってでも暮らせるだろうよ苦笑い


今、受験真っ只中でもがいている方や親御さんからしたら、もしかしたらぜいたくな悩みだと言われそうですよね。
実際、2年前の今を振り返ると、出口のない暗闇にいるような、嫌な浮遊感に襲われていました。

そう考えると今は、現実的な辛さに覆われていますね。

現実的なものの方が、戦う相手がはっきりしていていいのかも知れません・・・



体調を整えた上での最後の追い込みをお祈りしますjumee☆faceA80

子供の自立を助けるのは見守り?

息子のところから帰る前日、夫は大荒れでした。
きっかけは息子が発熱したため、先に寝るように私が言った事でした。
でも、その前よりイライラが募っていたようでした。
遊びに行っているのに友人宅に泊まりに行って昼まで寝ていたり、遊びに行くのについてこなかったりでさびしさの裏返しも誘因だったと思います。

私としても、「もう少し親に気を使えよ」と思いましたし、まだまだ大人になれていないな~とも思いました。

夫と息子の性格は正反対です。
夫はとても感情の起伏が激しく、「ジェットコースターに乗っている」ような感じです。子供たちへの愛情も異常と言っていいくらい強いものがります。
生い立ちが複雑で親の愛情をほとんど知らずに育ったせいもあると思います。不幸の連鎖に対する恐怖心と決して繰り返さないという想いが強くあります。

なので、家族のことになると抑えが利きません。
息子が自立していないと感じたこと、愛想のない態度に対する寂しさや憤り・・・
“どうしたら自立した大人になれるのか、そのためには親はどうしたらいいのか?”
夫の直球を受けて息子は涙していました。
「親子の縁を切ったほうが成長するのか?」なんて極論まで言うから

そんな父親を見ていたせいか、息子は全くと言っていいくらい親に本音を話しません。
辛い・寂しいのメッセージもないので余計に親を不安にさせています。
もしかしたら辛くないのかも知れませんし・・・。男の子はそんなものだとは思いますが、遠く暮らせば余計に心配が募ります。

その辺まで考えて対応してくれたらと思います。
臨床医になるのならもっとコミュニケーション能力や人の気持ちを読む努力を積んでほしいと思います。

ただ、状況的にいえば親元を離れ、それなりにきつい勉学にも励んでいる息子は立派だと思うし、思春期にもかかわらず困ったチャンの親二人の間に入って緩衝役を務め、父親の相手を上手にこなし、勉学・クラブ・私生活ともに充実している娘は尊敬に値します。
そんな姿を見ていて、日々の生活に流されている自分の毎日に猛反省した今日この頃です。

子供たちに尊敬されなくても軽蔑されない、とりあえず日々楽しく明るく暮らしている親でありたいと思っています。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。