プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の進路志望は

高校1年生になったばかりなのに、もう職業の選択を求められています。
勿論クラス分けのためのものですが、前期のうちから“身近な大人の職業調査”だとか“適職アンケート”などがあり、後期には“将来の自分”像のレポートがあるそうです。

将来に希望が持てない若者が多いからなのでしょうか?
親の世代の私たちの時には少なくともそのようなものはなかったし、そもそも教師に何になりたいかなど聞かれたことなかったですね~。まあ私の場合は看護学校だったので必然的にわかっただろうけれど

中学生の頃から音楽の教師になりたいと言ってきた娘ですが、ここにきて悩んでいるようです。

音楽の教師であれば文系クラスにすればいいのですが、ただ娘の高校での文系クラスでは国公立大学や難関私立を目指すのは難しいこともあり、理系クラスになりました。
理系の中でも、ⅠとⅡがあり、数3まであるⅡクラスに決めていました。

ほとんどが(本人いわく)“ダサい男子”と真面目な固物女子なのがいやだって言う、いい加減な理由で悩んでいましたが、仲良しの女子が居ることがわかって決めたようです。
それと、軽い女子が理Ⅰに複数いることも決め手だったようです。
女の子は友人関係も複雑で、難しいですねjumee☆whyR

最近は医療関係にも心が動いているようです。
教師は就職難だとか、モンスターペアレンツがうっとうしいなどと言っています。

高校1年生の時点で決めるのはやっぱり難しいですよね。
息子も2年の文理選択の際、1年までは弁護士希望でしたが文系を選択する決断ができず(息子の高校では文系志望は1/4しかいないので)理系を選択し、そのまま医学部志望に変わりました。

文系→理系への転向のほうが若干容易なのかな?

“とにかく親や周囲の職業にこだわらず、全然異職種も考えてみても面白いね”ってとは話している今日この頃ですグー
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

娘の進研模試の結果

7月に受けた模試の結果が戻ってきました。英語の偏差値が特によくて70あり、3教科平均が66と好成績でした。
長男の時と比べてみようと思いましたが、受けている模試の種類が全く異なり、比較のしようがありませんでした。やはり、難関校と一般公立校では違うのですね。

今の成績であれば「難関国公立大学」レベルと書いてありましたが、本当でしょうか?
今の時期であればまだまだ男の子は眠っている子が沢山いるはずです。
それに、高校1・2年の模試を受けるのはあくまで該当学年だけです。
浪人生と一緒に戦う3年生になると途端に成績が下がるものです。
息子の場合も、最も偏差値が高かったのは高校2年の時で、3年になると5前後下がっています。

単純に模試の結果に喜んでいると、娘に

「この成績がキープされると思っているの男子は直前に伸びるし、浪人生もいるんでしょう。あくまで目安。」
と言われ、夫にまで

「今からスパートかけると息切れするよ。のんびりいかないと。」
と言われる始末
いちばん何も分かっていない母親でした。

高校入学当初は担任の先生に、
付属出身だから今は貯金があるから成績がいいけど、気を緩まないでね
と言われ激怒りしていた娘でしたが、その負けず嫌いな性格が幸いして、今のところ好成績をキープしています。
同級生から“デキル女子”風に見られていることに心地よさを感じているようで、不本意な進学でしたが楽しい学校生活を送られているようです。

話は変わりますが、同級生の中でも何人かは退学を余儀なくされているようです。友人の息子の高校でもそのようです。しかも友人の息子も2学期から登校したがらなくなり困っているようです。他校を中退した友人が単位制の高校に編入したようで、「自分もそうしたい」と言って困っているとのこと。

最終的にそうなるのは仕方がないとして、せっかく第一希望の高校に進学しておきながら、
“朝がつらい
なんぞの理由でやめられたもんじゃたまりませんよね。

昔と違って、いろいろな方法で進学(大学受験資格が取れる)できることも好し悪しですよね。
どうしても通えない理由がある方にはいいでしょうが、我慢が出来ない等の理由であれば、どんどん我慢をせずに大人になることになります。

なんだか今の日本の問題の一部を見たような気分です。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

怖い娘と完璧な生徒

娘の中間考査の結果が返ってきました。

なんと総合1番でした

普通科のそこそこの高校なのでレベル的にはたいしたことないのですが、それにしても感心します
テストの前に、「お前は附属出身だから今は成績が良くても、気を緩むとどんどん成績が下がっていくよ」と担任に言われたそうで、ものすごくむかついていました
確かに入学試験も、入学後に受けた模試も学年7位でした。
むかついたからといって勉強したわけでもないのですが(まあ、いつがテスト期間かわからないほど自宅学習をしたことがない息子に比べたらましですが)
附属中学時代は20~40番(120人中)くらいだったと思います。特に勉強できるわけではありませんでしたが、今通っている高校には内申点等で楽に合格できるランクでした。私学受験も希望していなかったのでそのままでは勉強をする機会を持たず高校生になるところでした。
そこで、附属高校受験をするように少しずつ洗脳していきました。
最初は偏差値の高さに全く興味を示さなかったのですが、彼女の求めている高校生活が満載なのを知って受験を決めました。
しかし、如何せんそれまで全く勉強していなかったので合格できませんでした。
塾の先生にも2年生くらいから取り組んでくれていたらと残念がられていました。
でも、そのおかげで学力が向上し、今の成績があるのだと本人も言っています。3年のときの頑張りがなかったらせいぜい中の上くらいだと思うと言っているので、あの追い込みは本当にプラスになったと思います。

高校では、音楽・体育・勉強も出来、しかも(そこそこ)美人でスタイル良しということで通っているようです
でも、家では手伝いはしない・部屋はごみ屋敷状態・一日中携帯・口を開くと「うざい・ほっていて・知らん」、なにかがあってコメントしようものなら、「うっせい、お母さんには何もわからんわ。」
ストレスたまります
いいときはいいのですが、父親に似て感情がジェットコースター状態

どこかで爆発させなきゃやってらんない、外でなくって良かったと思わないと

と冷静なときの娘に納得させられている、役に立たない優柔不断な母親です

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

娘の近況

国立大学附属高校に縁がなかった娘は、結局近くの公立高校に進学しました。
学区の中では上位高なので、入学式も静かに行われ、生徒たちもおとなしそうな雰囲気でした。
ただ、附属が自由すぎたせいか、規則が厳しく、“○○したらいけない、しないといけない”的な話が多くて親としてもギャップがありましたね。
息子の出身校も外から見たらとても規律の厳しい高校として有名ですが、通ってみると全く規律がないに等しい感じで、とても自由でした。

押さえつける効果もあるのでしょうが、ちょっと違和感がありますね。

附属中学の女子で進学したのは一人のため、とても緊張している様子です。帰ってくるとぐったりしています。

初めての実力テストで、学年8番 をとりました。
思いの外のいい成績に驚きました。このまま上位をキープしてくれたら志望校も夢ではありません いつまでもこのままとは思いませんが、負けず嫌いの娘なのでそれなりに頑張ってくれると思っています。

そこが長男との大きな違いですね。

娘にねだられて、ファミリアのデニムバッグを買いました。手作りのアップリケのついたかわいいレッスンバッグです。
DSCN1989pp.jpg
そもそもは神戸のお嬢様学校の生徒さんが使っていたバッグですが、少しづつ知れ渡ってきています。約9000円と庶民にしたら高嶺の花ですが、10年くらい使っている子もいるくらい丈夫なバッグです。
けちな私は悩みに悩んだ末、やっとこさ購入しました。

テーマ : 高校生活 - ジャンル : 学校・教育

楽しい時期なのに

春休みなので息子が帰ってきています。
浪人していた友人たちも続々と進学先が決まってきて、一緒になって遊びまくっています。

先日頂いたコメントで、医学生は大変なんだと痛感しました。1年生は一般教養中心なので楽なのかな~と安易に考えていたので衝撃でした。

本人に確認したところ、「そんなことないよ。やっぱり高校3年間のほうが大変だった。普通の高校じゃないからね、やっぱり。」と返されました。

え~っ!そんなにしんどかったの
しらなかった

いつも早く帰ってきてゲームばかりして。自宅で勉強している姿を見たことないのに・・・

何が辛かったんだろう
いろいろあるよ、そりゃ。みんながライバルだし。

いつも真ん中より下の成績をキープしていたのに・・・

能天気な母親にはわからないプレッシャーがあるんでしょうね・・・

男の子の子育てはやっぱり難しいですね。たまに親とよく話をする男の子のことを聞くと「うらやましぃ~」って思うと同時に、「どうして男の子なのに母親と話ができるんだろう??」って不思議になりますね。普通に考えると年頃の子供にとって、親は「うざい」存在なのに。
その点女の子はわかりやすいです。うざいときは「うざいからほっといて」とあからさまに嫌な顔をしますし、機嫌のいいときはどんどんメールしてきてハイテンションですし。でも、ちょっとは親に気を使え

本当だったら、恋にスポーツにと青春を謳歌できる3年間だったのに、と思うと、どうだったのかなとも思いますね。でも、同級生の中にはスポーツも頑張って難関大学に現役合格している子も沢山いるわけだし・・・結局は本人の問題だと思いますけどね

まあ、もしあのレベルの高校に入学していなければ医学部受験は考えなかったでしょうし、合格もなかったとは断言できます。それが良かったかどうかは後にならないとわかりませんが・・・。

というのも、人と自分を比べることがないため 負けず嫌い ではなく特に上昇志向もないため、極端な話C級高校に入学しても1番を取るなどということはなく、それなりに過ごすに決まっているからそれなりにの先しか待っていないと思っていました。
たとえば「負けず嫌いで、クラブや自治活動に精を出す」タイプであればどんな環境であれ、

うまくやっていける=食べていける

だろうからそんなにレールを敷いてやる必要はないと思いますが、なにぶん正反対の性格なのでついつい方向性をつけてしまったというところでしょうか

その点、娘はかなり負けず嫌いだし、役割行動も取れる子なのでごく普通の学校に進学しますがそれなりに頑張ってくれると安心しています。

やっぱり男の子、特に第1子の長男は難しいですね

テーマ : 高校生活 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。