プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉・多動気味な息子

「ユニークな子」として楽しく保育所生活をすごしていた息子。

ひとつのことを始めると止まらない息子に対しては、

とことんやらせる絵文字名を入力してください

ことを支援しました。

本を読む⇒好きな本を与える。家の中が本だらけになりました。
最初は絵本、2~3歳:ウルトラマン怪獣大百科(すべての名前を覚えそのうちにカタカナの読み、書きを覚えました)
4~5歳:昆虫や魚の百科事典(はじめは子供用ですが、物足りなくなり専門書)
5~6歳:星座
その他、ぷーさんシリーズほかの読み物、100冊以上
小学生~徳川家康など戦国時代を中心とした歴史小説、数百冊
ただしなぜか中学生になった頃からぴたっと本を読まなくなりました。

それからは今にいたるまでロールプレイングを中心としたゲーム三昧です。
一日中やっていましたニッ

本を与えるとともに、昆虫や魚に興味があるときには実際に海や山に出かけて、採取をして飼育したり、魚釣りに行って釣れた魚を一緒さばいて食べたりしました。その中からさらに調べ物をして知識を増やしたり、魚の捌き方も研究してものすごく上手になりました。

星座に興味があるときはプラネタリウムに行ったり、流星群がくるときは山に見に行ったり、南十字星を見に南に島にも行きました。

歴史に興味をもってからは、父親も歴史お宅なので、史跡めぐりに行ったり大河ドラマを観たり親子で楽しんでいました。

一つのことしかできないでなく、一つのことをとことんできる集中力があると考えて、関わってこれたかなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

附属小学校の親のお付き合いは

「さいとうさん」を観ていてつくづく

保育所に通わせてよかったよつばと思いました。もちろん誇張しているとは思いますが、幼稚園での母親同士の関係は結構あんな感じだったと他のお母さんからも聞いています。

保育所では全くあのようなことはありませんでした。基本みんな忙しいし。朝保育所に連れて行って、夕方遅くに迎えに行き買い物・夕飯つくり・洗濯ほか明日の用意と寝るまで座る時間がなかった状態でした。休みの日も掃除やたまった家事をしてちょこっと公園などに行ったら終わり。
だからあの人たちのように、お茶したり人の噂話する時間はないし(あってもしたくないけど・・・)

昔は、夜勤明けのぼろぼろの状態で平日の昼間街に買い物に出ると、きれいなカッコした子供連れの人たちがランチしているところを見て「優雅~。身を削って働いてもぜんぜんお金もなくってみじめ」って思っていたけど、あれはあれでしんどいこともあるのかもね。

一緒にテレビを見ていた娘にも「あんなうっとしいばかなことしないで済んでよかったね。私もあんな生活絶対にいや」と言われました。
私の母も看護師としてばりばり働いていて世間話とかしているところ見たことありませんでした。よそのお母さんが世間話をしているのを見て、「馬鹿みたい。暇人」って思っていたことを思い出しました。

附属のお母さんたちもいろいろグループがあるようでしたが、「忙しい」を理由におつきあいを殆どしていなかったので楽でした。さびしいと感じる人には無理ですけどね。
他の学校との違いは、私学ではないとはいえお金持ちは多いと思います。
全身ブランドでキメている人(運動会にもその格好でヒール履いてきている勘違いの人も・・・)、超高級外車で来校する人(だめなのに・・・)、子供の誕生会をホテルやレストラン貸切でする人などなど汗

そのような誕生会に呼ばれ本人も行くというので行かせましたが。子供の誕生会には1000円までと思っているので、その程度のプレゼントを持たせましたが、お返しのほうが高い、螯rヲW、J、Oことのほうが多々ありましたうめ謎ムササビ
でも、一般庶民のポリシーは曲げませんでした。それでいいのでは?

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

エジソンの母?

エジソンの母を見ていて、昔を思い出しました。
主人公の子までは行かなくとも、息子もかなり変わっていました。

ます、乳児のころは保育所でお友達にいつも噛み付いていました絵文字名を入力してください今になればおかしな話だし、噛まれていたお友達も迷惑な話でしたが・・・。愛情不足だったのでしょうね。
でも、保育所の先生がよくできた方で、「そんなことよくあることだし、気にすることないですよ~」って流してくれていましたし、噛まれていた子のお母さんも「そんなこといいよ~」って答えてくれていました。でも、その子の腕にはいつも青あざがありましたね、螯rヲW、J、Oしかもおやつはいつも取り上げていたようだし・・・。

その後も、集団で遊ぶようになる時期にも集団遊びができず、一日中本を読む(見る)・ウルトラマンになる・ゴジラになる・ブロックをする、を一人でしていました。また、滑り台をするときは自分がすべることしか考えていないので、突き飛ばしたりしていたようです・・・ガーン
朝保育所に登園し夕方6時ころ迎えに行くまで、食事や昼寝を除いてそのような毎日だったようです。
本当なら、先生や他の保護者からお叱りや指導を頂いてもおかしくない子供でしたが、保育所がよかったのか、そのようなこともなく、楽しくやりたい放題の保育所生活をすごさせていただきました。

さすがに、小学校にあがるころから「うちの子ちょっとおかしい???」と思い始めました。
自閉症という疾患が一般化されてきた頃です。

息子も自閉症かも?とも思いましたし、出産時の脳の後遺症?とも考えました。

どうしたらいいのかよくわからなかったし、大きな問題もなかったのでそのままにしていました。

保育所の先生に
「ほかの子とは違うユニークなところがあるし、将来が楽しみ。個性が強いから学校は公立以外も考えてみたら」と勧められました。

確かに、公立の小学校では先生の言うことをよく聞く子がいい評価を受けると聞きます。また、遠足のとき蟻の巣を見つけた子が観察していると「早くしなさい」とおこられ、集団行動が取れない問題児のレッテルを貼られる、なんて事例もあるとも聞きました。そうであれば、息子は間違いなく問題児です。

そのような経過もあり、国立付属小学校を受験することに決めました。

テーマ : 母親日記 - ジャンル : 学校・教育

高校受験前の心境は

国立大学付属高校の受験票が届きました。受験番号2番です。まだ、ホームページに出願状況が掲載されていないので受験者数がわかりません。

候補に上げたほかの付属高校は途中経過の出願状況が掲載されており、かなり倍率が低い様子でした。

そのことを娘に伝えると、それこそ「そんなの関係ない!」と一笑されましたスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

すらいむ受験者数(倍率)はまったく興味ない。1人落ちようが10人落ちようが同じだし、もし定員割れだとしても能力がないと思われれば落とされるので同じだと思う。
すらいむいまから出願しなおせるとしてもしないよ、行きたい学校はもう決まっているから。
すらいむ受験番号2番?1番がよかったかもね。面接一番でも緊張しないよ。ぶっつけ本番よ。

なんと、男っぷりのよい答えなんでしょうアップロードファイル

戦う相手は、
「人数や倍率じゃなく最終的には自分」だと言い切られました。

おろおろしているばかりの馬鹿親に反して、我が子とは思えないような冷静さlatte

受験まで2週間前後、学校を休んで塾に行っているクラスメイトもちらほらいるようです。
そのような体制をとっている塾に憤りを感じ、また従っているクラスメイトに対しては、「そんなことしたら余計自分を追い詰めるし、がちがちになるわ。まあ、そんなことする子らは親からのプレッシャーがものすごいらしいから、かわいそうといえばかわいそうやね。」と話していました。
そんな娘は、相変わらず、ハチクロやボンビーメン、はては、録画した喜多善男まで観て速攻で寝ていましたなみだ

  尊敬している娘ではありますが、しかし、本当にこんな状態で受験日を迎えていいのだろうか・・・疑問ですARIA-藍華

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

もうすぐセンター試験

あと6日でセンター試験ですね。

去年の今頃を思い出すと息苦しくなる気分です本  自分が受験するわけではないのですが・・・

とにかく万全の体調で、力を出し切れるように家族は見守っていただければと思いますつぼみろーず

若いときは、自分や身内がよければと思いがちでしたが、歳をとってくると「みんな頑張れ!」って応援したくなる気持ちで一杯です。

最後の最後まで資料を見ている人もいますが、最後は気持ちを落ち着かせ、力を出し切る意欲を湧かせたほうがいいと思います。

前日は温かいものを食べてゆっくり休み、当日も温かいものを食べて、力を出し切れるよう落ち着いて臨んでください。頑張れるよう祈っていますキラキラ

テーマ : 大学受験 - ジャンル : 学校・教育

娘の国立附属高校受験:追い込み

我が家のある地域から、受験することが可能な国立附属高校は複数校あります。

受験の内容は、いずれも国語・英語・数学・理科・社会の5教科と面接です。
ただし、配点が大きく異なるようです。
当日の5教科の点数が大きく配点される学校と面接や内申を重要視する学校があります。

競争率は、1.1~約2倍とばらつきがあります。
競争率が低い高校のほうが、成績重視なので、受験校決定の際には親としてはかなり悩みました。
1校は、合格の基準を明確に打ち出しており、5教科合計○○○点・内申○○点と当日の成績重視
別の1校は、同じく当日の5教科の合計点と、面接・内申・その他を総合的に判断、とあります。
こちらの説明会の際、「採点の配分を教えてほしい」と質問がありましたが、あくまでも総合的にですと答えられていました。受験対策のとりにくい高校と評判の訳ですひよこ

成績が全くとどいていない娘にとっては、こちらのほうが少しは有利かと思いますが、いかんせん倍率が高めなのが難点です泣き顔

最終的には学校説明会や文化祭に参加してみて、本人が*高校に決めました。
学生が行事を作り上げていくところや自由な校風などは、いづれの附属高校も同じだと思いますが、本人の感じるところが違ったようです。

教育方針や、学校の特徴などは、ホームページや作成物で公開されていますが、やはり実際に学校に訪問して本人が「ここに行きたい」と感じることが大切だとおもいます。

後々の、辛い受験勉強を乗り切るためのモチベーションのためにも大切だと思います。

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。