プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く母さんの評価は?

スタッフから、「○○さん(私)とこはずーっと働き続けているのに、どうしてそんなに子供が賢くなったんですか?」って聞かれました。
その子はかなり地方の出身者で、母親も看護師です。弟は中学生のころからぐれて警察の御厄介になっていたそうです。周りのにも結構ぐれていた子が多いらしく、“看護師の子は不良が多い”と思っていたそうです。
まわりの働き続けているママさんナース達を検証すると

それほど不良もいないが、かといって特別できる子もいない(あくまでも学歴的に評価してです。性格的には親を手伝って良い子が多いです)
看護師を目指す子は少ない
小学校・中学校受験をさせる人はほぼいない
子供は最低2人。3~4人の人も多数
のが状況です。
ただ、正規職員でない方の場合はかなり違ってきますが。

教育ママは少ないが、多忙な中一生懸命、楽しく子育てしている人が多いっていう感じでしょうか。
周りでは「子供がぐれてどうしょうもない」人はまず聞いたことがありません。
正規職員で働き続けるには夫の協力なしでは絶対に無理です。もしくは、親との同居が必要だと思います。
世間的に言う、「夫が協力的でない」というのは不可能です。夜勤がつきものなので、夫が一人で夜も子守をして朝保育所に送迎しないといけません。
親と同居している場合は姑が母代わりで、「母親の私が死んでも家族は困らないが、おばあちゃんが死んだら悲惨」、「私は子供を産み捨てにしたといわれている」という声も冗談がてら出てきます。

実は私も産み捨てと夫に言われています。「実際育てたのはおれだ
確かにそうだと思います。
幼少のころは兎も角、今は料理は主人がメインですし、お金の管理もです。
子供の指導もほとんど夫です。わたしが口を出すと結局グチ風になるのでいわば見て見ぬふり状態です。見て見ぬふりも結構しんどいのですが・・・

家族みんなで育てているという環境が、昔の子育てのようでいいのでしょうかね
母親一人が子どものすべてを背負って子育てをするとストレスも溜まるし、「私の子=所有物」のようになり、子離れ・親離れも難しくなるでしょう。

自分が楽になるためにも、夫に上手に子育て参加をしてもらいましょう。
「しんどいんだから手伝ってよ」では逆効果。
子育てって楽しい・子育てしたいkao02って思えるような効果的な関わりをすると、「こんな楽しいことをお前ひとりに独占されたくないわ」ってなりますよ





スポンサーサイト

看護学生に教えられたこと

臨床の傍ら、看護学生や看護体験者の指導も行っています。
先日実習を終了した看護学生はとても礼儀がよく、また学習熱心でした。
私が看護学生のときにはこんなに勉強してたかな、と思うくらいよくやっています。実習中は2.3時間くらいしか寝られませんっていうくらいのレポートの量です
3年生なのでストレートで行けば息子とほぼ同年齢です。「きっとうちの子だったらこんなにちゃんとできないだろうな~」って思いながら指導していました。
実習最終日には担当した患者さんのところに挨拶に行きます。患者さんも学生も涙、涙の別れです。
認知症の患者さんも、「今度いつ来るの?

老人が多く、また認知力の低下がある患者さんが多いこともあり、事務的に仕事をこなしてしまっている自分がいたことを思い知らされました。
ここ最近患者さんとの別れの時に涙することがなくなっていました。
心が枯れかかっていたのだと思います。
学生指導を通して思い知らされた気分です。

年を重ねた分、学生指導をする際も広い視野や目標を持って行えるようになってきたと思います。
子供を見ているようで、若いスタッフたちのように「今の学生は・・・」と言うような視点ではなく温かく見守れるようになりました。
これからも学習を重ねて、“なりたい看護師モデル”と言われるような、また看護師になりたい気持ちが強くなれる実習を行っていきたいと思います。

学生指導はそれなりにうまくやれるんですが、わが子のことになると全然だめなバカ親です
まあ、反面教師でもいいか

幼児教育の是非

“1歳から始める○○”など早期教育の有効性を謳う幼児教室が多々あります。
その是非についてテレビでもよく論議されています。

勉強よりおもいっきりあそばせたほうがいい
親のエゴ
後々子供のためになる・・・

一概にはどちらがいいとは言い切れないと思います。
遊びとして勉強など頭を使うことが好きな子もいます。最難関のN高校に入学した友人の子供は、幼少期より一番好きな遊びが“塾”ごっこで、問題を作って解いてもらって教える遊びが好きでしたね。
なので、外で元気に遊ぶのが一番と決めつけるのは、それこそ子供によっては迷惑なことだと思います。

“早期教育は効果的”
これも根拠はあるんでしょうか?
幼児期の子供で一つのことに執着する子は、興味のあることを驚異的に暗記できると思います。
“世界の国旗を全部覚えている” “駅名を全部言える”などとテレビで取り上げられていますが、その後の育て方によってはいわゆる普通の人になってしまいます。
集中力や知的好奇心は高い子どもたちでしょうが、行き先がわからないと迷い子になっていくと思います。
カードを次々見せて覚えさせたり、英語を教えたりしている場面をテレビでよく見ますが、あまり意味は感じられませんね。
我が家は、小学校受験に際し、ポリシーとして(お金がないという理由もありますが)塾には行きませんでした。
しかし、おそらく8割くらいの人は通っていたと思います(試験の日に塾ごとの母親グループになっていましたので)
その子供たちが20歳になったいま、学力的に見たら息子はトップクラスです。

要は、学習の準備状態に自分の子供が入っているのかどうか見極めて、チャンスを逃がさないことが大事じゃないかと思っています。
やりたくない子を机に縛っても勉強嫌いになるだけですよね
遊びたいときは嫌ってくらい遊ばせましょうよ

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

性格と学校の相性に要注意ですね

昨日娘に、「レベルの高い高校に入れても下クラスで頑張るか、それなりの高校で上位クラスに入るのとどっちがいい」って聞いてみると、「私はプライドがあるから下クラスだったら全てにやる気がなくなって自分が発揮できないと思う。」と言っていました。

息子は他人との位置や人の目を全く気にしないので、難関校の中で下クラスでも特に腐ることもなく淡々とそれなりに過ごしていました。息子がもしそれなりの高校に行っても1番なんか取ることもなく“それなり”の位置にいて、絶対に医学部合格などあり得なかっと思います。
難関校は授業自体のレベルが高く、授業をまじめに聞いていさえすればそこそこの学力もつき、追い込みも可能だと思います。

娘は息子ほどの学力が必要な学部を希望しているわけではありませんし、勉強以外に打ち込めるものが多岐にわたってあり、充実した青春を謳歌していると思うので今の状態で十分ではないかと思っています。
また、それなりの高校であっても、上位クラスにいれば内申点を稼ぐことが出来、地方の国公立大学のAO入試や最難関でなければ私立の推薦枠もゲット可能だと思います。(勿論医学部は論外ですが・・・)
知り合いの息子さんもごく平凡(失礼ですが)な私立高校から国立大学にAO入試で合格されました。

本人の希望やモチベーションも重要ですが、子供のことを一番わかっているはずの親が、

“どのような学校が自分の子供に合っているのか、大学受験に有利に働くのか”

よく考えてから、子供がそこを受けたくなるように誘導しなくてはいけないと思います。

“自分で選んだ・自己責任”を持たせないとやる気も出ませんし、逆切れされても大変ですから

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。