プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模試の結果に一喜一憂しないで

ラブいっぱい先日、中学3年の娘の学年懇談会に参加しました。
この時期なので、高校受験の話ばかりでした。
受験校決定の指標として模擬試験の結果を参考にする事が多く、「模試の結果が悪いからあきらめる」方もおられました。

受験経験者としては

模試の結果に左右されないで 本人の受けたいところを受けさせてラブ

といいたいです。
とあいえ、どこを受けたいか本人に決めさせるところで親の一工夫がいるのではと思っています。

勿論、どんなに頑張ってもどうしようもないと思われる学校に照準を合わせるのはあまりにも無謀ですし、子供にもモチベーションは持ち続けられないと思います。

うちの子が頑張って狙える学校

をまず、リサーチすることが親の役目かなと思っています。塾の先生、学校の先生、友人知人の情報、ネットなどから成績は勿論、わが子に合う校風か等、情報収集が必要と思います。

わが子が高校でなにをしたいのか?絵文字名を入力してくださいを理解するのが第一条件ですよね

子供が何をしたいのか理解していれば、親が行かせたい高校の中から本人のしたいことが出来る高校を選び、本人に何気なく情報提供し、徐々にそこに行きたい気持ちにしていくことが可能だと思います。

思春期の子供に親の思いを押し付けると「まあ、いい高校だなはーと」と思っていたとしても「いやだ!ちょいムカ」となりかねませんよね

とにかく

本人が決めた(選んだ)高校

という形に持っていくことが大切ですね。
そうすれば、行きたい高校に合格するために自分から頑張るし、万が一不合格でも「受けたいところに受けさせてくれた顔01・頑張るだけ頑張った絵文字名を入力してください」という気持ちになれると思います。

今まで勉強をしてなかった子供は爆発力があります。やる気さえあれば最後の模試がある12月以降でもものすごく伸びます。自慢じゃないですが、息子は最後の最後まで、志望校全てに最低ランクの30%以下(=志望校変更の検討)絵文字名を入力してくださいでした。
でも本人は「他は受けない(志望校は下げない)」と言い切り、3校中2校合格しました。

もちろん、親としては

最悪の状況への保険四葉
はかけておかなければいけません。

スポンサーサイト

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 進学校に受験することになったきっかけ | ホーム | 中高一貫男子校に入学して >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。