プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ頼もしくなってきました

9月末にかなり近い親族の不幸がありました。
亡くなり方も複雑であったため、遺体の引き取りまでにかなりの日数がかかりました。

遠方での引き取りでもありましたが、息子も同行するとのことで急遽帰宅してくれました。

遺体は司法解剖されており、しかも長期冷凍保存されていたため、かなり生前とは異なる姿になっていました。

娘も含め4人で対面しました。

一瞬、「誰?」と思いましたが、息子が「間違いないよ、ここにほくろもあるし」と言ってくれました。

私は死因やいきさつにかなり疑問を持っていましたので、全身を見せてほしいと伝えましたが、夫と息子に「もうやめよう」と諭されました。

それから死亡届や火葬許可、火葬、諸処の手続きなどに追われました。

子供には精神的にもかなりきつい出来事であるにも関わらず、息子も娘も淡々と付き合ってくれました。
かなりショッキングなことであったので、特に娘に体験させることには悩みましたが、ある意味人生の大きな勉強ではないかと思い、敢えて全ての場面に立ち会わせました。

子供であれば知らなくていい、知らないほうがいい事もあったかも知れません。
でも、自分で経験することの少なくなってきている現在、経験値を上げるいわばチャンスでもあると思ったからでした。

二度と訪れることのない場所かもしれません。
しかし最後の地であるその土地を家族で巡りました。
夜にはカラオケで偲びました。

娘は誰に言われることもなく、遺骨をリュックに入れて連れて回ってくれました。

息子は現地の空港から学校に向かって旅立ちました。

家族にとってとても辛い出来事でしたが、子供たちの成長を目の当たりにして、これからはもう子供たちの時代であることを嬉しく、まあすこし寂しく感じたのが近況です。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 娘の一人暮らしはとても不安です | ホーム | 特攻隊に思う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。