プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の高校受験:受験校選びのテクニック①

息子同様、小中一貫校でのんびり、楽しく過ごしてきた中学3年の娘にっこり
息子と全く違うところは

しっかりしていて、生徒は勿論先生方にも頼られる
あねごタイプ98666

ある面、兄貴をライバル視しており、

私はおにいちゃんと違う!
ことを全面的にアピールしていました。

オンプB2お兄ちゃんは読書が好きだけど、私は嫌い
オンプB2お兄ちゃんは空気が読めず、クラスの中での役割行動が出来ない
オンプB2お兄ちゃんは自己主張が苦手
オンプB2お兄ちゃんは勉強が出来るけど、私はできない、というより、しない!


異性と言え、兄弟間で比べられることを嫌い、反面自分の中では常にライバル心を持っていたのだと思っています。
親としては表立って比較するようなことは言ってきたつもりはないんですけどね焦る3

でも、そのエネルギーをプラスに使って、リーダー的役割を楽しみつつこなしてきたように思います。

受験校を決めるにあたって、当初は兄と同じ土俵に立たないで済む

専門科を希望していました。

親としても「それはそれでいいのかなBrilliant」と思っていました。

しかし、3年生になり本格的に決定を求められたとき

中学の今の時点で将来の方向性を限定してしまっていいのか!?

との思いが強くなってきました。
勉強はしない=できない、と決め付けたままでいいのか!?
学校の成績はほぼ平均点、塾や通信教育もイヤ下で全く野放しでした。

しかし、3年になった6月からは本人から塾に行きたい上と言って来ました。
そのときには、初めて兄に相談し、息子の通っていた塾に入学することになりましたひよこ
次回に続くぷーさん
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 予備校費用について | ホーム | 医学部受験を決めた理由 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。