プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難産の果てに

出産
1988年4月超難産の末、誕生しました。「遷延分娩」「胎便吸引症候群」のため、脳内出血と肺炎を併発してしまいました。担当医からは脳障害が残るかもしれないと説明を受けました。退院後もしばらく小児科でフォローを受けていましたが、それ以上のことはなく今に至っています。

保育所時代;0~2歳
生後6ヶ月から保育所通いが始まりました。
今思い返すと、
はちやたらめったら友達に噛み付く子供でした。
子供なりにストレスがあったのでしょうか?
ぎょ!食事風景が壮絶で、手で掴み食べ、飽きるとこねたり放り投げるため、新聞紙の上にベビーチェアーを置いて裸で食べていました。

保育所時代;3~6歳
ツナ友達と遊べない“一人遊び”中心の子供でした。
友達とサッカーをする、ごっこ遊びをすることがなく、一人でほぼ一日中
★本を読んでいる
★ブロック遊びをしている
★当時はやっていたゴジラになりきり、園庭で歩き回っている
 子供でした。

きゅんそんな息子ですが、正月明けの初登園日に3人しか登園しておらず、不憫に思い休めばよかったねと言った私に「僕が休んだら2人だけだったから、行ってよかったよ」と絵文字名を入力してくださいの言葉には泣けました。

息子の特徴については、ある本によればいわゆる「賢い子」の傾向が若干あるようなので、いずれ検証してみたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

<< 全統マークの結果 | ホーム | はじめまして >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。