プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学部・受験校

私立の医大受験について担任の先生は、国公立受験の前哨戦になりやすいレベルの学校の受験を勧めましたが、

「通っても通う可能性のある学校」にしました。

すなわち、兵庫医科大学・自治医大、それと防衛医大です。勿論、兵庫医科大学は県推薦制度に選ばれたらの話ですが焦る3

ちなみに受験料と受験日は、
防衛医大:無料太陽  11月4日・5日
兵庫医科大学:60930円  2月1日(二次試験は2月10日か11日の選択可能)
自治医大:50000円  1月29・30日(二次試験は2月7日本校にて)
でした。

防衛医大と自治医大の二次試験は本校ですが、一次試験は地元での受験です。
(うわさによると防衛医大の二次試験時には送迎のサービスがあるとか・・・キラキラ

兵庫医科大学の一次試験は、東京・兵庫(本校)・福岡での受験が可能でした。

とはいえ、センター試験の受検料や交通費を考えると

あっという間に20万円えーんは飛んでいきますよね。

受験校選びの際には、本番の練習も大切ですが、やたら私立を受けまくるのも、費用・体力の面から如何かなと思います出費

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 平成19年 センター試験の結果 | ホーム | 「国公立以外の医学部は考えられない」ことを考え直して >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。