プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志望校決定と父親激怒りのわけ

前期・後期とも同じ国立大学の医学部に決定しました。
決定した翌日、朝帰りの主人に夕方伝えました。

「何でわしが居らんところで決めたんや~びっくり 怒

怒私が説得して第一志望を諦めさせた
怒なんでおかんの言うことを聞いてあきらめる?おとこだったら決めたとおり進まないと・・・

といっていましたが、実は・・・

こんなに重要なことをなんでわしやなくおかんと決めるんや、!?

という嫉妬なんです汗;笑

まあ、遠くの学校なので、家を離れることも寂しかったのですがjumee☆shy2

主人は、恥ずかしながら「息子を溺愛」しています。
自称「わしが手塩にかけて育てた」息子です汗とか

確かに、夜勤も多く日勤でも帰るのが遅くなることがほとんどのため、主人がいつも保育所に迎えに行って食事も食べさせていました。お弁当作りも行事の参加も主人が率先して行っていました。
そして、卒園や行事のたびに喜んだり絵文字名を入力してください 寂しがったり泣き顔 感情をあらわにして熱く育ててきました。

あまりにも主人の「感情のジェットコースター上下」が激しいためか、息子は沈着冷静ですね笑夫婦喧嘩をしててもうまく間に入ってくれて、主人を「どうどう」となだめています・・・予断ですがjumee☆shy2

息子が主人のいない、しかもぎりぎりになってから私に相談したのは、「第一志望校を諦めて、少しでも望みの高いところを受験したい」気持ちの表れではないかと考えました。
そうでないと、主人の性格を熟知している息子が、後でもめるのが分かっていながら私に相談する意味がないと思いました。

「きっと背中を押してほしいんだな。」

と思いました。なので、再度本人の意思を確認し、☆大学に決めました(男の子なので、本当のところは絶対言葉にはしてくれませんけどねキラキラ

激怒りしていた主人ですが、縁があって合格を頂いた途端、

「ホント、☆大学にしてよかったなぁLOVEナイスな決断やった太陽○○大学やったらきっと合格できてなかったよ」

などと言いながら、激怒りしたことなど無かったかのようにるんるんしています´д`トホホ
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 2次試験までの過ごし方 | ホーム | 国公立医学部 受験校決定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。