プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次試験までの過ごし方

受験校が決まり、「受験に向かって具体的な準備段階に入る」べきなのですが・・・

あいかわらず、ゲーム三昧状態でしたえぇ

いくら"絶対に小言は言わない"ポリシーの私たち夫婦でも、どうしたらいいのか分からなくなりました汗;

はてなやっぱり第一志望校が受けたかったのか?背中を押してやったほうが良かったのか?
はてなセンターの結果があまりにも悪くて諦めてしまっているのか

2月に入ったある日、夫が本人にどんな思いなのか確認しました。はっきりとは答えませんでしたが、

受験校がどうのじゃなく、はっきり言って自信が無くって逃避している気持ち雨
のようでした。

そこで、夫は猪木ばりの かつびっくり を入れていました。
要は、
ぱんだもびっくり全力を出し切ること
ぱんだもびっくり医学部は記述の二次力が重要であり、評価されること
ぱんだもびっくりお前には底力があること
ぱんだもびっくり今からの3週間が勝負であり、戦国時代と同じで戦略が重要
のようなことでした。

内容的にはたいしたものではないですが、熱く語る父の姿に強くうなずく息子がいましたキラキラ
それからの3週間、過去問と塾での直前講座に参加し、かなり集中している姿が見られました。「自宅で学習している姿」をほとんど見ない息子でしたがこのときばかりは違っていましたね笑

実際、あの「かつ」がかなり効果的だったことは間違いありませんね。あのままだらだらと二次試験に突入していたら合格は無かったと思います。



スポンサーサイト

テーマ : 大学受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 2次試験対策:面接 | ホーム | 志望校決定と父親激怒りのわけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。