プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験対策:健康管理

ここ最近、急激に寒くなってきました。これから最後の追い込みに入る受験生にとって、ここで体調を壊すことは是非にも避けたいものですカプセル
当たり前のことですが、
!インフルエンザの予防接種を受けておく(かからなくなるわけではありませんが、感染しても軽く済むと言われています)
!暖かくする、特に首筋や足元を冷やさない
!乾燥させない。のどを守るため、湿気を与えるためにもマスクは有効
!うがいと手洗い(うがいは水でも薬液を使用しても有効性はあまり変わらないとされています)

特に気をつけてきたのは、"絶対に朝食を抜かないこと"です。朝食の有効性はイヤと言うほど述べられているのでなんですが、朝食を抜いて勉強をしても、脳が活発に働くために必要なグルコースが不足してうまく取り込めません下
また、就寝と起床のON/OFFの切り替えがつきにくいと思います。
この寒い時期は、必ず温かいものを食べさせます。内臓から体を温める効果を狙っています。仕事の関係で朝居ないことも多いですが、トン汁や味噌汁を作っておくとご飯にかけて食べていっていますjumee☆shy2

一人暮らしの方などは大変でしょうが、レトルトの味噌汁やスープ、温めた牛乳を飲むだけでも大分違うので試してください。

また、インフルエンザをはじめ、かぜと総称されている感染症は、殆ど飛沫感染です。すなわち、咳やくしゃみで飛ばされたウイルスを鼻や口から取り込んでいます。それと、下痢や嘔吐の原因ウイルスは、手すりやつり革などから手に付着し体内に取り込まれます。たいしたことではない手洗いとうがいが大きな予防策です。勿論むやみに人ごみに出ないこともリスクを減らしますね。

咳をしている人が居たら、まともに浴びないよう密かに息を止めたりしてますぱんだもびっくり

発症したら、速やかに対応しましょう。特に、急激な高熱を伴うインフルエンザや下痢・嘔吐は、安易に解熱剤や下痢止めを用いるとさらに症状を悪くすることがあります。軽いものであれば家でおとなしく寝ておくのが得策ですが、重篤で長く続く症状は出来るだけ早く診察を受けるほうがいいと思います病院
スポンサーサイト

テーマ : 受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 娘の駿台模試の結果・・・ | ホーム | 娘の高校受験対策 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。