プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次試験に向けて

出願も終わり、今からが正念場ですね。

センターリサーチの結果に一喜一憂したり、出願速報にやきもきしたり・・・
もうやめましょうbikkuri01
たとえ受験者数が多かれ少なかれ、人数は関係ないんです。如何に実力を発揮できるのかだと思います。

ここまできたら、つまらない情報収集はやめて最後の追い込みに集中してほしいと思います。情報収集は、自分では何もできないが心配で居たたまれない親のすることです。

看護学校の同級生のお子さん(娘)が超難関国立医学部を受験するとの報告を受けました。
昨年も同大学を受験され、今年も意志を貫き通したようです。

親子ともども意志の強さに驚きました。私だったらもっと弱気になっていると思います。少しランクを落とせば合格間違いないだろうにはーとセンターも90%以上取れたようですえぇ

でも、何度も訴えていますが、難関校は二次力が重要だと思っています。東大をはじめとした超難関校は、ある意味あしきりの道具としています。十分二次で巻き返せる配点です。
センターをミスって引きずっている方は一日も早く気持ちを切り換えて、あと三週間弱乗り切ってください上
後悔のないようにドキドキハート

我が家の高校受験もあと数日です。
本人は食欲も睡眠も十分とっていますが、やはりストレスは高いようで、「全身が痒い」といって抗アレルギー薬を服用しています。眠くなるのにね・・・

とにかく早く終わって欲しいのが本音です。
母親は夜勤続きで、一週間の半分も一緒に食事をしていません。のんきな夫は「緊張する~」とか言いながら、夜の街にくりだしてしまう始末で手がつけられません汗;

あと数日で受験本番の娘を一人残して飲みに行くな~~~怒
スポンサーサイト

テーマ : 受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 娘の高校受験当日 | ホーム | 二次試験に向けて >>


コメント

驚きました!

たまたまこのサイトにたどり着きました。夕飯を作り始めるのが6時ですから、あとわずかな時間しかないのですが、読みふけってしまいました。(まだ全部読んではいません)
同じ学校です~。(ただいま、卒業式目前&前期試験直前の息子がいます)
親としての心の持ちようが、とても参考になりました。看護師さんなのでよけいに事情も知っていらっしゃいますよね(うちは、同居の義母が看護師でした)。医師になりたいのか、大学名にこだわるのか?という話、私はさらにもう一学年上のお母さまからも聞いたことがあります。その方の息子さんも、医師になる事を優先させました。
うちは、中学から入り、文系です。息子が末っ子なので、私の子育ては終了が見えてきました。子育ては反省と後悔と忍耐?でしたが、終わりが見えてくると寂しいものです。妹さんがいらっしゃるのですね。まだまだ子育ても楽しめますね!また、書き込み来ますね。よろしくお願いいたします。

昨日投稿失敗してしまって

(もしかして昨日の投稿がエラーでなければ、昨日に引き続きの同様のコメントですみません。
よく仕組みがわかっていなくて失敗したようでしたので、再度訪問いたしました)
偶然、このブログを発見して、一気に読みふけってしまいました。受験期の親のあり方を学んだ気がしました。我が家の息子は今まさに前期試験直前。卒業式も目前です。まだ妹さんがいらっしゃいますから、ますます親の頑張り甲斐がありますね!うちは、息子が末っ子で、最後の受験となります。(昨日、同じ学校~などと書いてしまいましたが、似ているけれど違うかも・・・と早とちりを後悔・・・)昨日の投稿がどこかにあれば、同様のコメントになってしまいましたが、これからもいろいろ学ばせてくださいね~お仕事も頑張ってください。

コメントありがとうございます!

コメントありがとうございますv-22
同じ学校なのかどうかは・・・
とりあえず曖昧にしておきましょうv-219
きっと私より子育ての先輩に「学んだ」などとコメント頂くと、とても気恥ずかしいです。
ブログを書き始めたのは、仕事が忙しいことを言い訳にしてまじめに子育てに取り組まず、な~んとなくここに至ったことに空虚感があったというか、「このままでは子育てのプロセスすら忘れてしまって何も残らないのではv-37」と思ったからです。
書いていくことによって子育てを思い返し、思い出に耽ったり反省したり、またもしその家庭がどなたかの役に立つのならと始めました。
その中から、きっとお会いすることのない日本中の方とネット上とはいえすれ違うことができ、楽しみを持つことができるようになりました。
私もそんなにパソコンがわかるわけでもなく、見よう見まねでやっています。
もしお時間があれば始められるのも面白いですよv-238
またよろしければコメントいただければ幸いですv-254

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。