プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の高校受験、合格発表

結果は

不合格  でした涙

私は怖くてゆっくり歩いていきました。
先に会場についている夫は、ベンチに座ってタバコを吸っていました。
背中が泣いていました。

あぁ、だめだったんだな・・・

遠目から番号が見えました。
娘の番号はありませんでした。

今からくる娘・・・、どのように声をかけたらいいのか・・・辛い顔・・・

娘が到着するまでの30分、2人で黙りこくっていました。

娘を見かけたとき、おもわず隠れてしまいました。
友達から預かったおまもりを握り締めていました。
番号がないこととほぼ同時に私たちに気がつきました。

おもわず駆け寄って抱き合って泣きました。ほんの少しの間だけ・・・

そのあと娘は一人で帰るといって歩き出しました。
歩きながら、担任の先生や友人に報告していました。

私たちは静かに娘の少し後ろを歩いて駅に向かいました。

娘は駅で待っていました。
一瞬父親と肩を抱き合ったあとはいつもの娘に戻っていました。

「番号がなかった瞬間は悲しかったけど、そのあとからは怒りが込み上げてきて、なんで私を落とした怒絶対に思い知らせてやるbikkuri01って気持ちでいっぱい」
と怒っていました。

帰ってゆっくりするのかな、と思っていましたが、塾の先生に呼び出され面接を受け、その後友達と遊び、さらに塾の授業を受けて22時頃まで出歩いていました。

塾の先生、学校の先生からも心配して電話がかかってきましたが、通常通り授業まで受けているのを聞いて「さすがやな~」と笑われてしまいました。

塾の先生との面接の際、先生が泣いていたと聞きました。勿論テクニックでもあるのかも知れませんがうれしかったようです。そこでも悔しくて涙が出る、見返してやるといったようで、大学合格したら必ず連絡してこいよと言って頂いたようです。

親として、日が経つにつれ少しずつ受け入れられてきたかなとは思います。

「縁がなかった」

んだと思います。

今までもいくつか辛いことはありました。大きな災難にも会い、多額の負債も抱えました。
でも、あとで思い返すとそれなりに自分の糧になってきたと思えることができるものでした。

私たち夫婦は特に信仰している宗教はありません。
亡くなったお互いの親が見守っていてくれていると固く信じています。

良くないことが起こったとしても、それは意図的に私たちを守るために起こっていることだと思えるようになってきました。

今回のことも必ず後になってみるとこれでよかったね、と思えるようになると信じています。

そのためには勿論前向きに努力していく必要はありますが・・・

難関校の受験を決め、受験が近づくにつれ、長い・出口の見えないトンネルを歩いているような日々でした。
不合格で崖から突き落とされたような気持ちになりましたが、少しずつ這い上がっている感じです。
娘なら、公立高校に行っても前向きに有意義な楽しい高校生活を送ってくれることと信じています。

同じように受験校に縁がなかった方も一緒に前を向いて進んでいきましょうひよこ
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 医は仁術です | ホーム | 娘の高校受験当日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。