プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の卒業式

先日娘の中学の卒業式がありました。
両親と息子も出席しました。
息子も卒業生であるし、附属生活足掛け13年の集大成の日なので。

一人ずつ壇上でコメントを言っていきます。

家族や教師への感謝・将来の夢・中学生活の思い出など

女の子だけでなく、男の子もよく泣きましたね
息子の時には、みんな面白おかしく話していましたがね。先生を泣かそうと画策したり・・・
学年のカラーなのか、さらに男子がやさしくなっているのか

公立の学校に通ったことがないので他の学校とは比べられませんが、とにかく「附属の学校生活は最高だった」と言っていましたね。

将来の夢が圧倒的に“附属の先生のような教師”
人の役に立つ仕事、“医師”、“看護師”、“保育士”
それと、帰国子女が多いせいか“世界をまたにかけて活躍する”

医師と同じく辛い境遇にさらされている教師を目指す子が多いことは、本当にいい境遇で学校生活を送られたんだと幸せに思いました。
荒れた学校・うるさいPTA・事なかれ主義の教育幹部をみているとそんな気持ちにならないでしょうね。
モンスターペアレンツなる怪獣が学校を乗っ取っていますもんね。
先日の今村先生のドラマでも子供たちは素直でいくらでも変わる事ができるのに、うるさい怪獣どものせいでどんどん歪んでいきますよね。
親は学校に口出し禁止にしたいくらいです。

医療現場でも同じようなことがあります。
本人やキーパーソンとなる方は納得しているのに、何かあったときだけ口出ししてきて話をややこしくしていく周辺の親族・患者の権利ばかり膨大化していき、患者様と崇められ言いたい放題

いままで、聖職として尊敬されていた職種がメタメタにされている社会だと感じます。勿論正さなければいけないことは真摯に受け止めるべきだとは思いますが、マスコミのせいか、日本人の国民性のせいか何事もステレオチックになってしまうのが気になりますね。


若者たちの声を聞いて、私も憧れの職業の端くれにいることを再認識させられ、日々の仕事に流されている自分に喝を入れられました。
もう少し前向きに仕事にも向かっていかなければと思いました。


スポンサーサイト

テーマ : 卒業 - ジャンル : 学校・教育

<< 学費捻出:大学の奨学金について | ホーム | 前期日程の発表 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。