プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期試験をあえて受験しない決意

友人の娘さんは一浪し、希望校の前期を再受験しましたが、縁がありませんでした。
後期は他の国立医学部受験を予定していましたが、結局本人の志望校への想いが強く、棄権されたそうです。合否判定からみたら、かなり高い確率で合格できたと思われるのですが・・・。

医者になるのが目的なので、入れるところに入る
行きたい大学に入る

いづれにしても本人が決めること。なにが正しいとかはないのですが・・・
親としては辛いですね。勿論決断して立ち向かう本人が一番辛いんでしょうが

いつまでも子供と思っていても、自分で決断し、立ち向かっていく立派な成人になってきました。
親は頼もしく思うとともに、寂しくもあり この年のなると、陰ながら見守って支援していくのが親の仕事ですね。

娘さんは東京の代ゼミ(この前テレビでやっていましたが、ものすごいリッチな予備校です。上層階は家賃が20万円以上の寮?になっていて、しかもすぐに満室とか。東京に出して、寮に入れてさらに予備校代・・・いったいいくらかかるんだろう。何という資産力
予備校の特に医学部コースには5年くらい浪人している生徒もざらにいるそうです。勿論こつこつ晩学に励まれている方も多くいるようですが、ヌシのようになって新人にいろいろ吹き込む“浪人フリーク”風の方もおられるそうです。外部から見たら面白そうな人間模様がありそうです。
娘さんは意志の強い子なので、きっとこの一年乗り越えてくれると思っています

同じように浪人生活をスタートした皆さんも、気持ちを切り換えて始まりの年を歩き出してください


スポンサーサイト

テーマ : 医学部受験 - ジャンル : 学校・教育

<< 娘の近況 | ホーム | 学費捻出:大学の奨学金について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。