プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況と学費

最近ちっとも好景気感がないというより給料も削減され、不景気感が漂っているにもかかわらず、物価も教育費も高騰しています。

息子はカトリック系の私立高校に行っていましたが、高校3年の夏休み前まで塾も予備校も行っていませんでした。というより、通わせる余裕はありませんでした
ただ、土曜日も通常授業がありましたし、長期休暇中には補習や合宿があり、中の下レベルでしたがそれなりに学力をつけていました。

「私学に通うと塾や予備校に通わなくて済む=公立で塾に行くのと費用は変わらない」

と言われていましたし、我が家はほぼその通りになりましたが、実際は過半数の生徒は鉄緑会や駿台予備校など有名予備校に通っていたようです。
台所事情もありますが、本人の勉強のライフスタイルも良く考えて3年間をどう過ごすか戦略を練る必要があると思います。

“勉強が嫌い”な息子が1年の頃から気合を入れてエンジン全開でいたら、間違いなくエンストしていたと思います。
1・2年を細々とやり過ごし、最後の最後にエンジンを入れたという感じです。
ただ、その間の学習不足を埋めるためには遅すぎてもいけないので、限界点だったんだと思います。とりあえずうまくいきましたが、はっきり言ってかなり無謀ですよね。

とにかく、受験生であり、“得体の知れない”息子をお持ちの皆様のジレンマを痛感します。
十数年間育ててこられた親の判断に自信を持って、方向性をつけていってください。
でも、イライラしますよね・・・
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 少年の心のうちは・・・わかりません | ホーム | 娘の近況 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。