プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の心のうちは・・・わかりません

家のベンジャミンがジャングルのように成長し、とてもいい香りが窓から入ってきて癒されています。

DSCN1992.jpg

最近、「カラフル」 森 絵都著の本を読みました。亡くなった魂が自殺を図った中学3年生の少年の体にホームステイし自分の罪を思い出す、というストーリーです。
少年自身は内向的で友人がいず、絵画が唯一の楽しみ
母親は、フラメンコ教室の講師と不倫
父親は善良な人間だと思っていたが、上司の失跡で平社員から部長になったとたん大喜びででんくりかえり
秀才で性格の悪い高校3年の兄
その上憧れの女の子は中年男性と援助交際
そんなこんながきっかけで睡眠薬自殺

少年の体にホームステイした魂は、家族や友人たちと過ごしているうちに家族の良さや想いを知っていき、少年にもう一度体を返して生き返らせてやりたいと翻弄する。そして魂の生前犯した罪とは・・・

少年の目線で捉えた家族像って多かれ少なかれこんなものかもしれないな~って思いました。
私は勿論不倫もしていませんし、自分では仕事も家事も一応頑張っているつもりですが、思春期の息子から見たらイヤな親(おんな)かも知れませんし、夫や娘だってどのように見えていたかわかりません。
全く本心を出しませんから・・・
ぶつかってきてくれないというのは辛いものですね
相手の気持ちもわかりませんし、言い訳も出来ませんから・・・

とりあえず一番微妙な思春期を乗り越えられてほっとしていますが、いまだに本心では話をしてくれませんね。
少年事件がマスコミで取りざたされますが、「うちの子は大丈夫」とは思えませんでしたね

私たちが受けたような鉄拳教育や熱血教育は、よっぽどうまくやらないと、今や“うざい”んでしょうね

思春期の、特に受験生をお持ちの親御さんはそれこそ、「腫れ物に触る」感じで扱われていることでしょう。とりあえず自分にマイナスポイント(落ち度)を作らないことでしょうかね
弱気ですが
スポンサーサイト

<< さいふがピンチです | ホーム | 不況と学費 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。