プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児教育の是非

“1歳から始める○○”など早期教育の有効性を謳う幼児教室が多々あります。
その是非についてテレビでもよく論議されています。

勉強よりおもいっきりあそばせたほうがいい
親のエゴ
後々子供のためになる・・・

一概にはどちらがいいとは言い切れないと思います。
遊びとして勉強など頭を使うことが好きな子もいます。最難関のN高校に入学した友人の子供は、幼少期より一番好きな遊びが“塾”ごっこで、問題を作って解いてもらって教える遊びが好きでしたね。
なので、外で元気に遊ぶのが一番と決めつけるのは、それこそ子供によっては迷惑なことだと思います。

“早期教育は効果的”
これも根拠はあるんでしょうか?
幼児期の子供で一つのことに執着する子は、興味のあることを驚異的に暗記できると思います。
“世界の国旗を全部覚えている” “駅名を全部言える”などとテレビで取り上げられていますが、その後の育て方によってはいわゆる普通の人になってしまいます。
集中力や知的好奇心は高い子どもたちでしょうが、行き先がわからないと迷い子になっていくと思います。
カードを次々見せて覚えさせたり、英語を教えたりしている場面をテレビでよく見ますが、あまり意味は感じられませんね。
我が家は、小学校受験に際し、ポリシーとして(お金がないという理由もありますが)塾には行きませんでした。
しかし、おそらく8割くらいの人は通っていたと思います(試験の日に塾ごとの母親グループになっていましたので)
その子供たちが20歳になったいま、学力的に見たら息子はトップクラスです。

要は、学習の準備状態に自分の子供が入っているのかどうか見極めて、チャンスを逃がさないことが大事じゃないかと思っています。
やりたくない子を机に縛っても勉強嫌いになるだけですよね
遊びたいときは嫌ってくらい遊ばせましょうよ
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 看護学生に教えられたこと | ホーム | 性格と学校の相性に要注意ですね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。