プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立小学校受験を決めたわけ

“好きなことを好きなだけ”
やって過ごしている息子を見ていると、公立の小学校で果たしてなじめるのか?と心配で一杯でしたてち3

ご存知のように、幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省、と管轄が異なります。
プレ小学校の役割を果たしている幼稚園と、思いっきり遊びまくっている保育所というイメージですね。
その保育所の中でも、更に特殊な存在の息子が「みんなと同じ方向を向いて」授業を受けられるのだろうかとても不安でしたkuma5

公立以外の選択肢として、
私立の小学校=授業料が高い・親同士の付き合いが面倒てち4
というイメージがあり、止めました。

そこで国立大学附属小学校受験を決めたのですが、我が家の方針として

お受験向けのスクールには行かない

スクールで教わる、人と同じ受け答えをしてほしくない
からです。
普段の息子を見てもらって、それで選んでもらえればいいし、反対にダメなら縁が無かったと思えるからでした。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 国立附属小学校受験対策 ② | ホーム | 予備校選びについて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。