プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の自立を助けるのは見守り?

息子のところから帰る前日、夫は大荒れでした。
きっかけは息子が発熱したため、先に寝るように私が言った事でした。
でも、その前よりイライラが募っていたようでした。
遊びに行っているのに友人宅に泊まりに行って昼まで寝ていたり、遊びに行くのについてこなかったりでさびしさの裏返しも誘因だったと思います。

私としても、「もう少し親に気を使えよ」と思いましたし、まだまだ大人になれていないな~とも思いました。

夫と息子の性格は正反対です。
夫はとても感情の起伏が激しく、「ジェットコースターに乗っている」ような感じです。子供たちへの愛情も異常と言っていいくらい強いものがります。
生い立ちが複雑で親の愛情をほとんど知らずに育ったせいもあると思います。不幸の連鎖に対する恐怖心と決して繰り返さないという想いが強くあります。

なので、家族のことになると抑えが利きません。
息子が自立していないと感じたこと、愛想のない態度に対する寂しさや憤り・・・
“どうしたら自立した大人になれるのか、そのためには親はどうしたらいいのか?”
夫の直球を受けて息子は涙していました。
「親子の縁を切ったほうが成長するのか?」なんて極論まで言うから

そんな父親を見ていたせいか、息子は全くと言っていいくらい親に本音を話しません。
辛い・寂しいのメッセージもないので余計に親を不安にさせています。
もしかしたら辛くないのかも知れませんし・・・。男の子はそんなものだとは思いますが、遠く暮らせば余計に心配が募ります。

その辺まで考えて対応してくれたらと思います。
臨床医になるのならもっとコミュニケーション能力や人の気持ちを読む努力を積んでほしいと思います。

ただ、状況的にいえば親元を離れ、それなりにきつい勉学にも励んでいる息子は立派だと思うし、思春期にもかかわらず困ったチャンの親二人の間に入って緩衝役を務め、父親の相手を上手にこなし、勉学・クラブ・私生活ともに充実している娘は尊敬に値します。
そんな姿を見ていて、日々の生活に流されている自分の毎日に猛反省した今日この頃です。

子供たちに尊敬されなくても軽蔑されない、とりあえず日々楽しく明るく暮らしている親でありたいと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< アンジェラアキのコンサート | ホーム | 一人暮らしの息子の部屋は・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。