プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙一重の人生・母親の影響は

秋葉原の事件のほかにもさまざまな犯罪で、

「学生のときは勉強も出来ていい奴だったのに」

と言われる人の事件が多いように思います。

どこでどう運命が分かれていくのでしょうか?

もちろん真実はわかりませんが、報道では母親の影響を伝えていることが多いように感じます。

*進学校に入学したけど最初のテストで失敗し、母親に怒られてやる気がなくなった

*教育熱心なお母さんだった

*溺愛していた

きっとどの母親も息子を愛して、少しでもいい学校に行って就職をして欲しいとの親心からだったと思います。
それなのに、どうして行く道がこんなにも異なってしまうのか・・・

以前一緒に働いていた医師夫婦の息子さんもかなりぐれていました。
中学を卒業したあたりから、殺人や強姦以外の犯罪はぜんぶやったねって言われていました。

家庭内暴力も酷くて、家具や壁もボロボロ。お父さんが夜勤でいないときは部屋の鍵を閉めて、バットを持って寝ているとのことでした。いつ殺されるかわからないと

ご夫婦とも物静かで、それほど教育に執着される方とは見受けられませんでした。
そんな家庭環境でも、娘さんは進学校に通って、淡々と自分の道を歩まれていました。

「もう少ししたら落ち着くだろうから、静かに待っている」と話されていました。

“静かに待つ” “見守る”

簡単なようで、一番難しいのかも知れません。

女の子だったら、同性なのでストレートに「うるさい」って言ったり、小さなケンカができるのですが、息子と母親の間ではたいていの親子では難しいですよね。

我が家でも、私が小言を言っても「わかった、わかった苦笑い」、「はいはい」と流していましたが・・・

アドバイスのつもりで何か言っても、結局心に響くことなく単なる“小言”でしかなかったようですね。
まぁ、冷静に考えると確かに小言やぐちだったかもしれませんね

効果的な行動変容の指導に“コーチング”がありますよね。
指導時の環境を整える のが重要なのですが、とかく母親は感情的になりがちです。

しかも、話している間に、「あの時も○○だった」、「昔からそうだった」、他今話していること以外の話をしてしまう・・・

わかっちゃいるんですけれど汗;やっていましたね~

やっぱり、何も言わず基本的には子供を信頼して見守っていかないといけませんね。
中学・高校時分の子育ては本当に大変ですね




スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 実習が始まりました。 | ホーム | 娘の進路志望は >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。