プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所はお勧めです

生後6カ月より、保育所に通い始めました。
いわゆる“家庭保育所”と呼ばれるところで、民間住宅で10名程度の乳幼児を預かるところです。
息子の通っていた保育所は公立保育所に入園できる3歳くらいまでの子供が預けられていました。
残念ながら園長先生が亡くなり、住宅も貸主に返却を求められ卒園後しばらくして廃園されてしまいました。
いまだに「小さな子どもを保育所に預けるなんて」という(特におじいちゃん・おばあちゃん世代)の偏見がありますが、とてもいい経験をさせていただきました。

グー!おむつ外しをしてくれます
グー!歯磨きなど基本的な生活習慣を身につける手伝いをしてくれる
グー!おやつも含めて体にいい食事を与えてくれる

など、子育てに追われているお母さんの助けになるのは勿論、

グー!幼少期から人間関係を学べる
グー!自分の時間ができて、育児ノイローゼにならない(なりにくい)
グー!母親だけでは経験できない遊びや体験ができる
グー!たくさんの感染症に罹患して強くなれる
などきりがありません。

2人とも保育所に通わしてみて、全く後悔はしていません。
子育てが好きで、ず~っと一緒にいたい方には勧めませんが、一日中子供と過ごしてストレス満載・下手したら虐待まがいのことをしてしまう危険性のある方は、子育てと子育て外の時間ができてよい関係ができると思います。

ただ、保育所は待機児童という言葉があるようになかなか入所できません。それと入所基準が厳しく、引き続きの仕事があるとか、母子家庭や所得が低く仕事に行くことが必要不可欠など必須条件が求められます。幸いというか我が家は全て条件が揃っていたため、スムーズに入所できました。

とはいえ幼児を抱えて夜勤も含めたフル勤務は過酷でしたね。
早朝に起床し、雨の日も雪の日も7時すぎには3人乗りの自転車で保育所に送迎し、夕方は6時半ぎりぎりに迎えに行き帰宅。空腹&睡魔&甘えのためギャーギャーと泣きわめいて足にまとわりつく子供を尻目に、夕食を作り食べさせ、風呂に入れ寝かせる準備をするとあっという間に22時近く…。その間下手すると座る時間もなく、立ったまま食事をすることもありました。
寝かしつけていると一緒に寝てしまい、夜中に起きだしてそこから洗濯や明日の準備をする日もありましたね。疲れのせいか年中風邪をひいている状況で、でも休めずに頑張りとおしました。そのおかげか今はほとんど風邪をひかなくなりました。(いくらほど抗体ができたんやら・・・)

あまりにもしんどくて、雨の中濡れながら自転車の3人乗りで帰る時なんかは、子供や自分があわれに思われて涙した時もありました。

でも、休みの日には公園や遊園地、釣りなどに行って思いっきり遊びました
ものすごくしんどいこともあったけど、仕事と育児、お互いがストレス解消になっていた様に思います。

いつもお迎えが最後でポツンと先生と2人でいるところを見ると胸が痛むことも多かったのですが、「先生を占領できて楽しかったよ」といってくれました。反対に早く迎えに行くと帰りたくないから気が付かないふりや隠れたりしてたよとも言って笑っています。お迎えが遅くなる子供は大抵決まっていて、親の職業も教師や看護師でした。みんな頑張っている姿は励まされるし、いい相談相手になりました。

この御時世、共働きをしないといけない人は急増していることでしょう。
予算の問題もあるでしょうが、子育て支援に力を注いでいただき、育てやすくもっと産みたいと思わせるような日本になっていただきたいですね。
医療についても同じことが言えますね。
スポンサーサイト

<< テレビと絵本は大切なお友達 | ホーム | 二次試験まで2週間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。