プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物より思い出

いつもお金には切迫してきた我が家ですが、旅行には費やしてきました。
もともと旅行が好きな夫婦だったこともあり、幼少期には車で行ける所へ、小・中学生になると海外旅行にも行きました。

夏休みはキャンプと沖縄、冬か春休みには海外旅行という感じです。
勿論、まず料金最優先で検索し、学校が休みに入る前に理由をつけて休ませて行くことが多かったです。

最初の海外はオーストラリアのケアンズです。
リゾート地ということもあり、エンターテイメント性が高く、とても楽しめました。
ここで息子は13歳ながら体験ダイビングを経験してハマり、翌年グアムでジュニアライセンスを取りました。

息子が高校3年生になる春休、フィリピンのセブ島にダイビングに行ったのが最後の海外旅行です。
余談ですが、フィリピンの貧困問題はやはり想像を絶するものでした。
マニラ空港に着陸直前に機上からみた街の景色、空港の周りにたむろしている人々、さらに空港職員からボデイチェックの際、「100円ちょうだい」と声をかけられる現状。

まさしく戦後間もないころのバラック小屋が立ち並ぶ日本のような状況。

その中でも高層ビルや高級住宅の地域があるアンバランスな状況に、国政の問題の大きさを痛感しました。

でも、一方幸せだと思う国民の割合は日本人よりずっと多いのも事実です。
人間の幸せの基準は人、国民によって様々で、何もかも満ち溢れている日本の中では、「もっともっと上へ、もっと欲しい。」
その中で、上へあがれず、モノも手に入れられない人々が、幸せ感を感じられなくても仕方がないのでしょう。

子供達もこの旅行で、日本とは全く異なる状況を目の当たりにして、学んだことも多かったようです。

話がずれてしまいましたが、貯金ゼロでも無理して家族旅行をしてきてよかったと今でも思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 父親の存在とは | ホーム | 新人の指導とスタッフのハザマで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。