プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書は受験に大切?

久しぶりに図書館に行き、本に囲まれ幸せな気分を味わってきました。
小学生のころから図書館が大好きで、入り浸っていました。
難しい本が好きなわけでなく、所謂“乱読・活字病”で、知識が豊かになった訳ではないですが、雑学には役立っているような程度です。

夫も読書好きで、特に歴史小説が好きなようです。

息子も小学生の頃は登下校の際に歩きながら読書していたため、近所で笑われるくらいでした。
私が仕事から帰宅する夕刻まで、ランドセルを背負ったまま読書していることもあったくらいです

そのお陰か、高校でも理系クラスながら、国語は勉強しないでも困っていませんでした。

ただ、歴史小説しか読んでいなかったのが災いしたのか、センターで大失敗してしまいました。
模試や過去問では170点くらい取れており、油断していたせいか、本番では120点台でした。
第一希望の地元の大学は国語重視の傾斜採点のため、泣く泣く受験をあきらめた経緯があります。
(もちろん、国語の点数がよく、受験したところで合格していた可能性は低かったのですが・・・)

反面娘は昔からほとんど読書をすることなく、最近読んだのはせいぜい携帯小説くらいでしょうか

今のところ成績は問題ない様子ですが、また悲劇が再来するのではとひやひやしています。
本人も、「本読まないと読解力つかないよね~。」って自覚しているようですえ?

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

<< 熱い甲子園に行ってきました | ホーム | 父親の存在とは >>


コメント

こんにちは。初めて伺いました。
そして一気に拝見しました。
 わが家にも医学部希望の息子がおり、
 悩んでおります。
 息子さんと似た学校の5313進み方をしてきました。
でもほんとうにまっったく勉強せず、笑部活三昧で
駿台模試は判定が出ず、学校の成績も理系と思えないほど理系の科目が全て悲惨です。
なのに医学部志望といってはばかりません。
何度もやめろとけんかして、そのたびにがんばるから!!いうのですが・・・・笑
学校の保護者会では「良いお子さんですね。勉強はダメですが」と言われる始末です。
人間的な魅力にはあふれている気がするし、小児科医師にしかなりたくないと小さな頃からずっと念仏のように唱える息子を応援したい気持ちと、そこそこの学部でまとめて欲しい??と思う気持ちでぶつかり合うばかりです。でもHPを拝見し、もう少し見守ろうかなと・・・
ありがとうございました。

Re: コメントありがとうございます

コメントを頂きながら返信が遅れて、申し訳ありませんでした。

子供が進路を決めていることは、本当はとてもうれしいことのはずなのに、素直に応援してやれない複雑な気持ち・・・よくわかります。

親としては無謀と思われるチャレンジであったり、まして巷では激務と言われている小児科医への希望となると余計ですよねv-356

でも、本人が強く希望している以上、見守るしかないかと思います。

説得に納得の上の進学先変更であれば、後悔も残らないでしょうが、無理やり変更させるときっと後悔や、下手をすると親に対して恨みなど持ちかねないんじゃないかと思ってしまいます。

本人が決めた以上、全力で頑張るのが自己責任であることも理解されているかと思いますので、親としては見守るしかないのかな~ですよねv-433

とはいっても、「見守る」ってしんどいですよね・・・

こんにちは。
 お返事をありがとうございます。

 夏休みも部活に出かけてしまう息子の後ろ姿に
 どんよりしながらでも、黙って送り出している母です。笑

 本当におっしゃるとおりで。
 私の説得で進路を変えて、その後一生文句を言われても困ります。汗
 見守ると決めたはずが、のんびりしてる顔をみると、文句も言いたくなってしまいまして・・・
いけないいけない。
 私の修行と思ってがんばります。^^
ありがとうございます。
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。