プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特攻隊に思う

以前から特攻隊の出発基地であった知覧に行きたくて仕方がありません。

どうして洗脳教育や拒否権のない戦時中とはいえ、10代の若者がつぎつぎと敵艦に体当たりできたのか。
「おかあさん」といって突撃しないといけなかったのか

“男たちの大和”は何度みても涙が出ます。

自分の子供が同じような年齢になったせいか、特に心が締め付けられるのです。

家族のために命を捧げる

でも、「おかあさん」と言いながら死ななければいけない年齢の子は受入れられない思いがあります。妻や子供の名前でない、愛し合うことや親より大切なものが得られていない境遇で、親や兄弟のためにというのがさらに辛いのです。

最近何冊か関連本を読んだのですが、象徴する言葉があったので抜粋して引用させて頂きます。

機会があれば出来たら家族で知覧を訪れたいと思っています。



・・・しかし負けたとしても、そのあとどうなるのでしょう。・・・おわかりでしょう。われわれの命は講和の条件にも、そのあとの日本人の運命にもつながっていますよ。そう、民族の誇りに・・・


“日本が見えない”

この空気
この音
オレは日本に帰ってきた
帰ってきた
オレの日本に帰ってきた
でも
オレには日本が見えない

空気がサクレツしていた
軍靴がテントウしていた
その時
オレの目の前で大地がわれた
まっ黒なオレの眼しょうが空中に
とびちった
オレは光素を失って
テントウした

日本よ
オレの国よ
オレにはお前が見えない
一体オレは本当に日本に帰ってきているのか
なんにもみえない
オレの日本はなくなった
オレの日本がみえない

「特攻隊員たちへの鎮魂歌」  神坂次郎著 より
スポンサーサイト

<< だいぶ頼もしくなってきました | ホーム | 将来をよく考える >>


コメント

こんにちは。
こういう生き方、死に方があった時代のことをやはり心に留めておかなければなりませんね。
若い人達も知ること、感じることが必要に思います。

そらさんへ

お返事遅れてすみません。
以前この話をしていて「何のために死んでいったのかわからない」と夫に言って大激論になったことがあります。
無駄死にだというつもりは毛頭ありませんが、のうのうと生き延びている上司たちがいて、また、若者たちが命をかけてまで守ろうとした国になっているかと考えるととても辛くなります。
とはいえ、人のせいばかりにせず、恥じない生き方や子育てをしていかなければと心ひき締められる思いをする今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。