プロフィール

shimitaka0615

Author:shimitaka0615
 国立大学医学部2年の長男、公立高校1年の長女、自由人の夫との4人家族。
 40代後半の看護師です。夜勤も月8回こなしています。
 忙しいのでなかなか更新できないかもしれませんが、頑張ります。

 詳しく説明するとかなり特定されてしまうので、居住地も伏せておきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSリンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来をよく考える

息子が帰省している間に、大学の友人が泊まりがけで遊びに来ていました。
クラブが同じで学部は文系の子です。
同じ年ですがとてもしっかりと将来のことを考えていました。
親が地元から離れて欲しくないと希望しているが就職難のため、県庁をはじめとした公務員を目指していること、そのためにダブルスクールに通っているとのことでした。

その地域は学力テストでも最低レベルのところで、「大学行ったところで就職に有利なわけではなく、勉強をしようという県民性が低い。」と話していました。
やる子はやるけどやらない子はとんでもなくレベルが低いとのことです。

私が住んでいる所はどちらかと言えば教育熱心で、中学受験向けの有名チェーン塾が集まっている地域でもあります。
小学生が夜11時くらいまで電車に通って戦っています。
その光景をみてかなりショックを受けたようです。
環境の違いで大きく差がついて、結果的に地元の発展に大きく影響していることを嘆いていました。

去年も大学の地元の友人が4人泊まりに来て、いろいろ話をしました。
やっぱり親や祖父母がいる地元を離れたくないこと、地元を陰から支えたいことを語っていました。

都会に暮らしていると、便利さの恩恵を享受しながらも特に郷土愛もなく、なんとなく過ごしていることが多いのではないでしょうか。
恥ずかしながらこの年齢になった私にはそのような熱い思いはありませんでした。

そのような親に育てられた子供たちもしかりです。
「何処で何をしても自由だし」と自由を前面に出しながら、義務や責任など何も教えていなかったのではないと考えさせられました。

見掛け上、都会には頭がよく生活レベルの高い人が多いかも知れません。でもどれだけ地元を愛し「地元のために」働いている人がいるでしょうか?

(変な意味でなく)国土愛というか、日本を愛する気持ちが薄れているのも仕方がないかも知れません。

いろいろな地域や年齢の人と話をすることはとてもいい経験になります。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

掃除でミスりました!

息子の部屋を掃除している時、とんでもないことをしでかしましたがっくり

ごみ屋敷の中のビニール袋を本人の承諾の下捨てたところ、2~3日してから「どこいった?あん中に大切なもの入っていたのに、現金も2万以上入っていたし」

え~~~っ

捨てていいって言ったよね~と言うと、寝てる所に言われても聞いてないし・・・

散乱していた書類やゲームなどは一切手をつけずひと固まりにしていたけど、まさかゴミ箱風のビニール袋が貴重品入れとは・・・納得できない

息子のだらしなさとともに、倹約に倹約を重ねて暮らしている身で現金を捨ててしまった悔しさ、そもそもは息子が悪いのにいらん事したばっかりに・・・堂々めぐり手書き風シリーズ矢印下
勿論夫にばれると「いらんことするからだ」とこっぴどく責められるのは目に見えているので内緒にしています。

きちんと一人暮らしをしている同年齢の息子さんを見ていると、親の教育の至らなさと息子の持って生まれた足りない部分に悲しくなりますが、酒を飲んで気が大ききなると“まあ、しかたないか笑
と最終的に思ってしまうバカ親です

テーマ : つれづれ日記 - ジャンル : 日記

ごみ屋敷でした!

息子のマンションに旅行を兼ね、家族総出で出かけました。

想像はしていましたが、とんでもなく汚い部屋になっていました

トイレや洗面所などの水回りは、カビや水垢でドロドロ~
おまけに「全自動洗濯機が壊れているみたい~」というので確認したところ、ただ単にごみが詰まって排水できなくなっているだけ。

台所も酸っぱい臭い充満で何度磨いたことか・・・

夫は「買い物行ってくる」と言って逃亡手書き風シリーズ42車
自宅では自分の部屋すら掃除しない娘でさえ、「気持ち悪すぎて座れない」ブーブー文句を言いながらも息子に指示しながら必死になって手伝ってくれました。

夕方にはすっかり片付き、ゆっくり夕食をとることができました。

約5カ月ぶりに会った息子はさらに痩せて、娘の大きめのGパンが履けるくらいでした

もともと好きなおかずだったら2合くらい食べるけど、嫌いなおかずや温めて食べてと置いていても殆ど食べない感じでした。
臨床医になるんだったら、“食べられるときに食べられるだけ”食べておかないと、次いつ食べられるかわからないのに。基礎体力をつけておかないと持たないよとは言いましたが、どこまで伝わっているのやら・・・


いろんな意味で全然親を安心させてくれない愚息アップロードファイル

勿論自分の子供なので溺愛しているっていうくらいカワイイのですが、いつまで面倒見ないといけないのかと思うと不安になります。

いろんな意味で不足しているものの多い息子なので、やはり医師免許だけは絶対に取得してほしい。

ただ、冷静な目で見ると“こんな奴が人の生死や人生に責任持って関与できるのか”と不安いっぱいですが、その辺はこれからの実習や研修期間にしごかれたら変わってくれると信じたいと思います汗

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。